くもり空の形而上学

ジャパンカルチャーや茶道のこと、編集者の日常ことなど雑多に書きます

『パソコン通信探偵団 パスワードのおくりもの』 松原秀行

今回も面白かった。シリーズの始まりの前作から登場したまどかが、レギュラーメンバーとして参加。個性もはっきしてくれるし、まどかならではの事件も見所があってなかなか良かった。

 

前回同様、日常の不思議や、パズルなどを章ごとにテーマを変えて飽きさせないように進むが、最後の事件でうまく伏線が繋がったりするので、ボリュームの多い一続きの読み応えは十分にあった。

大人が読むと当然トリックや答えがすぐわかるものも少なくない。しかし、子どもが読むと、わかった喜びを得られて楽しい読書体験になるのかな、と思った。また、なるほどと思わせるバランスも良かった。

 

日常の不思議をチャットで報告して推理するというのが、毎回屋外での主人公の動きと事件を作らなくて良いので、うまく設定を考えたな、と思う。

 

今回の事件も、なかなかの重い事件が最後にあるが、さらっと解決するあたりが、著者の技量なんだろうと思った。

 

 

 

『パソコン通信探偵団事件ノート パスワードは、ひ・み・つ』 松原秀行

推理ものの児童書をあれこれ読んでいる。

児童書に限らず、流行や歴史などをそれなりに整理してみたいと思っているので、いつかそれができればなと少しずつメモすることにした。

 

1995年に出版されたこの本。パソコン通信という言葉がすでに懐かしい。ダイヤルアップでパソコンを接続し、チャットをする話。電子機器を使って特別なことをやっているワクワク感は、当時の子どもだけでなく大人もとても楽しかったのではないだろうか。それだ非常によくかけていて、読んでいてとても楽しい。ワクワクする。時代遅れだとして読まないのはもったいない。

 

作者が推理ものが好きなのだとよくわかる。また、不思議な安定感というか、明るさがあって、健康的な読み応えがとてもいい。登場人物は才能を持っているし、女の子は美少女だし、主人公はモテる上に女の子に好かれることを自然と気にしているし、しかもそれぞれちゃんと抑制された描写で、ドライなのがいい。

 

最初から最後まである事件を描いているわけではなく、謎解きやパズルなど、頭脳ゲームの章と、探偵団が日常で出会った不思議なことを分析する章と、事件の章がうまく組み合わされていて、飽きない読み応えになっている。

 

パスワードは、ひ・み・つ―パソコン通信探偵団事件ノート〈1〉 (講談社 青い鳥文庫)

パスワードは、ひ・み・つ―パソコン通信探偵団事件ノート〈1〉 (講談社 青い鳥文庫)

 

 

 

『ピカピカのぎろちょん』 佐野美津男

ネタバレがあるので、ご注意を。

名作が多く、波乱万丈な人生ゆえか、洞察も深い作品を書く佐野美津男

手に入るものはできるだけ読んだが、どの作品も面白かった。
とにかく、えげつないものもきちんと書く胆力と筆力のある作家。

今の児童書界隈では少ないタイプの作品かもしれない。

 

『ピカピカのぎろちょん』である。

おそらく、当時この本が作られた時は、小学校5、6年生向けを想定したんだろうなと思うが、当時も今も大人が読んでも遜色のない深みと面白さがある、と思う。

 

心に残ったのが、ギロチンで処刑する大人を真似して、「アタイ」(主人公)が、空き缶などで「ぎろちょん」を作り、子どもたちで、野菜を嫌いな人間に見立てて斬首していくところ。

ピロピロが起きて世の中が変わる、という展開など、当時の革命思想や世相を反映しているなと思うが、どれだけ社会のリアリティを背負っているかは、問題ではない。

世の中が変わったから、フランス革命のような斬首による交代劇が生じ、それに伴って「大人が隠したいきな臭いこと」が生じたように思えるが、本書で印象に残ったのはそれではない。

戦争を経験し、地獄の戦後孤児を生き抜いた佐野氏にとって、「世の中が変わる」ことは、本当にあった当然の日常の一部であって、敏感に想像の神経を張り巡らし、創造力を発揮するテーマではない。

 

ここで描かれていることは、大人はいつも世界を隠蔽したがり、子どもは不気味なまでの力で、それを知ろうとしている、ということである。

 

最後、アタイは、壁に囲まれた大人の世界を、なんとしてでも知ろうと思った、と書かれている。

 

審判を下すのは、常に子どもなのだ。

『フェイダーリンクの鯨』 野尻抱介

ネタバレも含みますので気をつけてください。

 

 

野尻抱介さんの『フェイダーリンクの鯨』を読みました。

 

すっごく面白かったんです。木星型惑星のリングが雪玉でできていて、その雪玉を投げて移動したり、ひし形のような虹が見えたり、とにかく目の前に見えるような文章で、美しい。

 

読書ができる体験ってなんだろうと思うことは少なくないのですが、「圧倒的な美的体験」も読書が提供できる経験ではないでしょうか。

 

野尻さんとサイゼリヤに行った時に、「小説は脳の力をフル活用しているから、逆にリアルな体験なんです」とお話されていました。

読書をすることで、過去の体験を総動員し、新しい経験に再構築されるわけです。だからこそ、うまく読書体験がハマれば、その人にとってかけがえのないリアリティを伴うんだろうな、と思いました。

そんなわけで、読書にしか提供できない経験は、はるか宇宙やはるか未来のことについて、(過去でもいいんだけど)、リアルな体験をさせてくれることなんだろうな、と思いました。

野尻さんの小説は、社会に対する鋭い洞察があって、本当に好きです。

『フェイダーリンクの鯨』は、最後、生物が生きていく知恵も、人間が木星型惑星に火を付ける知恵も、等しく価値があるからこそ、彼ら生物の姿に圧倒されるのだ、ということが書かれます。

本当に珠玉の文章です。

多くの人に野尻抱介の文章を読んでいただきたいです。

空条承太郎が時を止めることについて

久しぶりの更新が、「JOJOの奇妙な冒険」という漫画のキャラクターについてです。

 

今回取り上げたいのは、第3部の主人公であり、人気キャラの空条承太郎

 

彼の人気は、「スタンド」と呼ばれる特殊能力の圧倒的な強さによります。(それと、承太郎のクールで無敵なキャラ。)

彼の能力は「時間を止める」ことです。第4部などではほぼ無敵の強さを誇るため、とにもかくにもカッコイイ。

 

この記事を読む方には説明不要かもしれませんが、議論の前提として押さえておきますと、劇中ではスタンドというのは「精神性のあらわれ」であり、「精神エネルギーそのものが力あるビジョンとなったもの」となっています。スタンドが壊れれば、持ち主である本体も死にます。

 

例えば、第3部のラスボスDIOは、「ザ・ワールド」というスタンドを持っており、このスタンドは「時間を数秒間だけ止める」ことができます。

DIOはどのような精神の持ち主かというと、「方法や過程などどうでもよい」というセリフと吸血鬼になってしまったことに端的に表れているように、「人間らしく生きることをやめた支配者」です。

 

そんなDIOが時間を止めることができるのも納得です。

というのは、「時間を止める=存在を支配する」ことであり、「手段を問わない=プロセス(生きている過程)を問わない」ことが時間支配の能力で、究極に体現されるからです。

 

注目したいのが、「プロセスを問わない=結果だけを求める」のは、JOJOの奇妙な冒険では、絶対悪のひとつとして描かれていることです。第5部のボスはディアボロという名前のマフィアのドンですが、その彼の能力も、「プロセスを吹き飛ばすことができる時間能力」です。そして第5部の劇中でも、「吐き気のする邪悪」として描かれています。

 

「友情・努力・勝利」を掲げる少年漫画的にもその方が望ましい事情もあるのでしょうが、私は、作者の荒木氏が現代社会に対する思想表明として、「結果だけを求める=悪」を意識的に描いているように思います。

 

つまり、JOJO全編を通じて解釈していくと、「プロセスを問わない=時間を止める=悪」のはずなんです。そして、「邪悪の化身」であるDIOがこの能力を持ったのも当然納得できます。

 

納得できないのが、ではなぜDIOを打ち倒す存在である空条承太郎が、時間を止めることができたのか。彼の精神性は、「支配者」なのか。どういう精神だからこそ、DIOの「支配の精神」を超えることができたのか。

 

それが謎でした。今回そのことについて解釈を出したいと思います。

 

承太郎は、「俺を怒らせた」から、DIOは敗北したのだと言います。

では、「承太郎の怒り」とは、どのようなアレゴリーなのでしょうか。

 

承太郎の「承」という文字は、「引き継ぐ」という意味を持っています。名前からは容易に、「繋がり世代が続いていく」命のありさまをキャラ設定に盛り込みたかったのだろうと連想させます。

永遠の命をもつDIOと、死と誕生という「命の運命」を背負った承太郎はそこでも対極的です。

つまり、「命の本質、命そのもの」と、それを利用しようとする「邪悪」が対比されているわけですが、しかし、「命そのものの怒り」と言われても、よくわかりません。実はこのテーマは第5部で究極のレベルまで掘り下げられるのですが、今回はそこには触れません。

 

命そのもの怒りとは、例えば、会社組織を考えていただければよいでしょう。結果だけを問われ、汚いことをやり続けていれば、当然意欲もなくなるし、社会的にも存在価値がないでしょう。やがて良心の咎めや社会的な怒りが、やがてその会社の思想「結果=業績だけを追求する」ことを糾弾し変えてしまうはずです。

 

作者が描きたい対立構造と、そこに盛り込みたかったテーマも、そこまで難しくはありません。

 

問題は、「命を肯定する側の人間が、なぜ時間を止める能力を持つのか」ということなんです。

 

劇中には残念ながらこの答えはありません。「スタープラチナのパンチは光速を超えるから」という説明がありますが、現象説明であって、主人公にその能力を持たせた作者の思想を説明するものではありません。

 

私はこの作品の大きな矛盾に思い、悩んでいたのですが、やっと一つの解釈を得ることができました。

承太郎が時を止めることについては、おそらく、ゲーテの戯曲『ファウスト』が下敷きになっています。

 

承太郎の立場は、命の肯定であり、JOJOのテーマである「人間賛歌」です。

ファウスト』の最後は、ご存知の通り、人間が助け合いお互いの未来を作る姿(まあ、土木工事なんですけど)をファウスト博士が見て、「時間よ止まれ、あまりにお前は美しい」と呟き、メフィストフェレスが魂を奪おうとしたところに、天使がバラの花びらを降り注いで、ファウストの魂を天上へと導く、というものです。

 

つまり、人間賛歌の瞬間、命の全肯定の瞬間は、「時間よ止まれ」ということなのであり、JOJOもこの思想を引き継いでいるのです。多分。そう考えるとまだ納得ができます。

 

そんなわけで、承太郎が時を止めることができるのは、彼が支配者の属性を持っているからではなく、「時間よ止まれ」といってしまうほどに、「命はあまりにも美しい」という、彼が持つ生命賛歌の力なのでしょう。承太郎氏がヒトデの研究で博士論文を書いたのも、命への深い愛情があってこそのことなのでしょう。

 

以上です。

石州流 備忘録 濃茶 平点前

こんばんは。吹雪です。久しぶりに茶道の備忘録を書きます。

前回から濃茶の割稽古が始まりました。ちゃんとメモらないと、難しいので大変!

 

今回は、炉の点前です。

まず、茶入れの扱いですが、あまり持ち歩かないために、水差しの前にあらかじめ置いておきます。本来は棚を使うものなのかもしれません。

 

茶碗を持って入室。壁付きに茶碗を仮置きし、右手で、茶入れを置き合わせの位置に置きます。茶碗を左手、右手で、置き合わせの位置へ。退室し、建水を持って入室。襖を閉めます。壁付きに建水を置いて、定位置に柄杓と蓋置きをセットして、一服差し上げますとご挨拶。

 

茶碗を仮置きして、茶入れを清める。

右手で膝前に茶入れを置く。縛ってある紐を両手で、少し中央に寄せるようにして、解きやすくする。真ん中を右手でつまみ、人差し指に引っ掛けて引っ張り、右手を返すようにして、ねじれを解く。

 両手を添えて、二回反時計まわりに回して、左手中指を茶入れに当てながら、左手ですっと仕覆の尾を引っ張り、ちょうど良いところまで引いて、紐を緩める。上側を、左、右の順で、左手、右手で紐を緩め、下側も同様にする。

両手を添えて、二回時計まわりに回して、右手でとり、左手で受け、仕覆をとる。

仕覆をとる時は、右手で、左、右と、手刀のようにして、仕覆を脱がせるようにし、右手で持って、左手はそのまま、ぽとりと仕覆を落とす。右手で袱紗を三つ折りにする(膝の上で)。

茶入れを清める。

蓋を二の字を書いて清め、三つ折りのまま、胴を清める。ふっくらと持って、上、中、下と三回ずつ、1周するまで清める。茶入れは、反時計まわりに左手で回転させる。文淋の茶入れだったので、指先で横から持つようにした。

清め終わったら、袱紗を茶入れにつけたまま、すっと撫で下ろし、袱紗を腰につける。

右手で茶入れをみだれの位置におき、左手は仕覆をとる。左手のひらを返して仕覆を上に向けた時、尾が左側に来るようにする(建水の上方に置いた時に、壁付きに尾がくるようにする)。

次に袱紗を三つ折りにして左手に持ち、茶碗を仮置きの位置から膝前に起き、茶杓を清め、茶入れに置く。このとき茶杓は反対向き(うつぶせ)にして茶入れにもたせかけること。

袱紗を右手に持ち替え、水差しを清める(ともぶたの場合は清めなくて良さそう)。左手を自然な感じでついて清める。茶巾を乗せるところのみ、壁付き側に、二の字を書いて清める。

 袱紗を左手に持ち、茶巾を水差しの上に置く。

柄杓を左手に持って、柄杓を左手に持つ。右手で袱紗を持ち、二つ折りにして、釜の蓋を清め、蓋置きの上におく。

お湯をくみ、茶碗を温めて、お湯を建水に捨てる。手を軽く揉むようにして湿り気をとる。もう一度お湯をくみ、柄杓を左手に持ち替えて、蓋を閉める(中蓋を閉めるという)。柄杓を蓋置きにおく。

茶筅通しをする。茶筅を戻し、お湯を捨て、茶巾で清めて、茶巾をたたみ直す。

茶入れから茶碗にお茶を入れる。茶杓で3ばい。そのあとはまわし入れる。この時、茶杓は、茶碗の中に入れて置く。

茶入れの回し方は、指先でくるくると回す。横から茶入れを持つ左手の形に、上から右手を添えるイメージ。親指が右手を上にして交差し、ハートを作るような感じで。

袱紗で茶入れを清める。右手で膝の上で三つ折りにして清める。いの字を書くようにして、茶入れの口だけを清め、袱紗を腰につけて、茶入れの蓋を閉めて元の位置に戻す。

茶碗に左手を添え、右手で茶杓をもち、お茶を軽くならして、回先を打つ。

茶碗に茶杓を乗せて、袱紗で清め、茶入れに乗せる。

袱紗を建水の上で払い、袱紗を左手に持ったまま、左手に柄杓をもち、右手で袱紗を取り出して、二つ折りにし、蓋を清めて蓋置きに置く。

お湯を入れ、横向きの8の字を書くようにして、しっかりと練る。8の字を書く動きのまま、左側に茶筅を寝かせるようにして置き、柄杓をとって、茶筅にお湯をかけながら、茶筅を手前側に回す。茶筅についたお茶を落とすようにしつつ、お湯をかけやすいように、茶筅を心持ち高く持つこと。

しっかりとお茶を練って、出来具合を確認し、お出しする。

水を2杯いれる。水差しの上に乗っている茶巾は、釜の蓋に置く。

 

しまいの点前はこれから習う。

 

仕覆の紐の結び方。

左手は、手のひらを上に向けて、茶入れに添える。右手で、左、右、左の順に、口を閉める。

そこから、下記画像の順に紐を結ぶ。

f:id:fubuki39:20101019114657j:plain

f:id:fubuki39:20101019114714j:plain

f:id:fubuki39:20101019114900j:plain

f:id:fubuki39:20101019114924j:plain

f:id:fubuki39:20101019114950j:plain

 

また、休めるときの紐の結び方にも気をつけること。

途中までは、同じ。

上の3番目のところから、

下の紐を上の紐の輪っかの中に、下から通して、尾にかける。

それで、形を整えれば出来上がり。

完成は下記の図。

f:id:fubuki39:20110311112231j:plain

 

 

 

【読書感想】 レイさんといた夏 安田夏菜 

皆さんは、自分はいったい何者なのか、考えたことがありますか。

 

僕は、正直、あまりないのです。

やりたいことはいつもたくさんあるし、何事も器用にできたし、情熱をかけて読みたい本や、時間を忘れて没頭したいことは常にありました。

 

「自分探し」と聞くと、探すものじゃないでしょ、作るものでしょ、と思ってしまいます。

 

本書は、しかし、そういう僕でも、「自分とはなんぞや」という問いの答えについて、ははあ、なるほど、と思わせてくれるに十分な作品でした。

 

レイさんといた夏 (文学の扉)

レイさんといた夏 (文学の扉)

 

 

 

 

以下、ネタバレを含みます。

 

 

 

簡単にあらすじを紹介すると、主人公は人付き合いが嫌になった女の子。その子の部屋に、自分が誰なのかわからず、死に方もわからないで成仏できなかった幽霊が出てきます。女の子は幽霊が自分を取り戻す手助けをします。幽霊が少しずつ思い出すエピソードを聞きながら、女の子は幽霊が出あったであろう過去の人たちの似顔を描きます。

その人たちのスケッチに囲まれて、幽霊は、「わたしは、この人たちだ。この人たちとのつながりや出会いが、わたしを作っているのだ」と気づき、天に召されるのでした。

 

この、「自分は他人からもらったもの」、というオチは、とても良いものだったと思います。ちなみに、そのオチはとってつけたようなものでは全くなく、謎解きがしっかりなされていて、本は読み応え十分でした。

 

※追記する予定です